UAV事業    農薬散布
Unmanned Aerial Vehicle Business  Pesticide spraying
高性能UAVにて効率の高い農薬散布を実現します

ソリューションを生み出す技術

高性能ドローンは今後ビジネスに欠かせない存在に
ドローン、資格、操縦、免許、撮影、宇都宮、栃木、スクール、空撮、パイロット、測量,赤外線カメラ、オルソ、農薬散布、
宇都宮市の株式会社NHTUは北関東を中心にUAVの販売から空撮業務と赤外線非破壊検査まで総合的に事業を展開しております。各分野で活躍する操縦士が正確に農薬散布を行います。また機体をご購入された方にも購入から航空局への申請、操縦教室、機体の修理、機体の定期点検までやらせて頂きます。操縦の教習に関しましては、当スクールで操縦技術や法規法令・条令等が学べる事が可能ですので、機体を購入されても安心して操縦をして頂けます。
>>>>ドローンの資格、免許、空撮、農薬散布、スクール、操縦<<<<

農薬散布

これからは農薬散布もご自分で行える時代です。これを機会にご検討してみませんか。

農薬散布用 高性能ドローン

UAV  for  Agriculture
<今年から制度が変わります>
政府は、ドローンを農業利用する際に必要な機体や操縦者の認定手続きを国土交通省に一元化します。航空防除について定める農水省の指針などに基づき、農林水産航空協会を通じた認定手続きが生産現場に定着しているが、自動操縦機能などを備えた最新型ドローンの認定に対応できないなどの課題が指摘されていた。高性能ドローンの普及を促し、農家の生産性の向上につなげる。2019年度上期までに実施するそうです。
これを機会に自動航行で精度良く散布出来る高性能ドローンで散布をしませんか?当社では高性能ドローンのデモフライトを行っております。こちらより出張を行いますのでお気軽にご相談ください。
*出張デモフライトは自由に使用出来るある程度の広さ
 が必要です。

お選び頂けるコース

1.おまかせコース
2.ご自分で散布コース
散布のみお任せコース

1.おまかせコース

散布だけをお任せするコース
液状、粒状どちらでも対応可能です。農薬をご指定ください。
機体ご購入されて、ご自分でお好きな時に散布する

2.ご自分で散布コース

操縦経験の無い方は機体をご購入されただけでは操縦出来ません。当社では以下の5つをフォローさせて頂きます。
散布を行う約1ヵ月前からお申込みください。
1.操縦訓練(基礎編)
 全く操縦して事がなく、ドローンは初めてと言う方向けに操縦
 方法と法規・法令・条令や気象、無人航空機概論、バッテリー
 etcの教室を運営してますのでご利用ください。(有料)
2.機体申請のお手伝い
 機体の航空局に承認申請する際のサポートを行います。(無料)
3.ご購入された同一機体でのコーチング
 機体の操縦操作は送信機の種類によって多少異なりますので
 ご購入された機体での使い方レクチャーを行います。(無料)
4.機体の定期点検
 年1回の機体点検整備を行います(有料)
5.機体の修理
 万が一破損してしまった場合迅速に修理致します(有料)
*補助金をお使いになる事をお勧めします。
 

農薬散布&機体オーダーフォーム

👉農薬散布利用規約 (散布、機体購入をご依頼される方は必ず規約お読みください) 
オーダー前のお問い合わせは携帯080-9278-0490堀田まで

使用機材と関連の許可・承認

使用用途に合わせて機材を使い分け

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

農薬散布用機材紹介
AGC-D 10 (10㍑)

優れた性能を持つUAV(ドローン)を使用しております
最大離陸重量  25kg(機体のみ11kg)
最大飛行時間  約15分(散布時)
        約100アール(1ha)散布可能
        気象条件により飛行時間が変化します
最大到達距離  約1,000m
最大到達高度  50m(変更可能)
飛行可能風速  8m/s以下
機体サイズ   570(L)570(L)500(H)
        折り畳み時のサイズ(mm)
タンク容量   10L
タンク材質   ポリエチレン(PE)
散布流量    1~3L/分(送信機による
散布幅     4m(アームタイプ)
防水・防塵    IP66
航行手法     自動航行orマニュアル操縦
その他     
液体に加え粒状も投下可能。この機体を操縦するには国交省航空局の許可・承認が必要になります。危険物輸送、物件投下。

関連許可・承認 資格・保険等

安全に空撮業務を行う為に必要な航空局の許可・承認
東京航空局許可・承認状況 国土交通省航空局
東空運834号、東空検第455号 
令和1年5月17日~令和2年5月16日
・飛行経路(飛行可能エリア)=栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県
・飛行許可済条件=危険物の輸送、物件投下、人又は建物30m以内。
散布操縦士の取得ライセンス等
 ・JUIDA認定スクール講師
 ・DJI CAMPインストラクター
保険加入状況
当機は施設賠償責任保険に加入しております。補償額5憶円
項目を追加

line@

友だち追加でドローンやカーラッピングについてのご質問をお受けします。